山下研究室 NEWS/YAMASHITA LAB NEWS
京都大学 iPS細胞研究所 増殖分化機構研究部門 幹細胞分化制御学 /Laboratory of Stem Cell Differentiation,Center for iPS Cell Research and Application (CiRA),Kyoto Japan


最新記事



プロフィール

山下 潤 研究室 JUN YAMASHITA

Author:山下 潤 研究室 JUN YAMASHITA
山下研究室へようこそ! Welcome to Yamashita Lab!

山下研究室では、ES細胞(胚性幹細胞:embryonic stem cells)及びiPS細胞(人工多能性幹細胞:Induced pluripotent stem cells)を用いて、心血管系の細胞分化・再生に関する研究を行っています。
 
このブログでは、山下研究室のさまざまな出来事を掲載しております。

オフィシャルサイトは⇒山下研究室



カテゴリ



月別アーカイブ



Gallery



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


研修生の升本さんの論文がアクセプトされました。
Masumoto H, Matsuo T, Yamamizu K, Uosaki H, Narazaki G, Katayama S, Marui A, Shimizu T, Ikeda T, Okano T, Sakata R, Yamashita JK*

Pluripotent stem cell-engineered cell sheets re-assembled with defined cardiovascular populations ameliorate reduction in infarct heart function through cardiomyocyte-mediated neovascularization.

Stem Cells, in press

マウスES/iPS細胞からの系統的心臓構成細胞(心筋細胞、血管内皮細胞、血管壁細胞)分化誘導・純化法及び細胞シート技術を併用して心臓細胞を再構成した心臓組織シートを作製し、ラット心筋梗塞モデルに移植し治療効果を示した論文です。さらに、シートに含まれる心筋細胞が、主に血管新生効果を介して、治療において中心的な役割を果たすという細胞レベルでのメカニズムを明らかにしました。
ES/iPS細胞由来心臓組織シート移植が心臓再生治療において効果的手段になりうることを示しました。また、移植による治療メカニズムの解明が困難である現行の幹細胞移植において、当研究は新しい実験手法を用いてその一端を明らかにしたといえます。

テーマ:再生医科学の研究生活 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yamashitalab.blog78.fc2.com/tb.php/74-7cc3dd48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。