山下研究室 NEWS/YAMASHITA LAB NEWS
京都大学 iPS細胞研究所 増殖分化機構研究部門 幹細胞分化制御学 /Laboratory of Stem Cell Differentiation,Center for iPS Cell Research and Application (CiRA),Kyoto Japan


最新記事



プロフィール

山下 潤 研究室 JUN YAMASHITA

Author:山下 潤 研究室 JUN YAMASHITA
山下研究室へようこそ! Welcome to Yamashita Lab!

山下研究室では、ES細胞(胚性幹細胞:embryonic stem cells)及びiPS細胞(人工多能性幹細胞:Induced pluripotent stem cells)を用いて、心血管系の細胞分化・再生に関する研究を行っています。
 
このブログでは、山下研究室のさまざまな出来事を掲載しております。

オフィシャルサイトは⇒山下研究室



カテゴリ



月別アーカイブ



Gallery



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山水さんの論文がJ Cell Biol にアクセプトされました。
山水さんの論文がJ Cell Biolにアクセプトされました。

Yamamizu K, Matsunaga T, Uosaki H, Fukushima H, Katayama S, Hiraoka-Kanie M, Mitani K, Yamashita JK*. Convergence of Notch and β-catenin signaling induces arterial fate in vascular progenitors. J Cell Biol, in press.

論文の内容は以下の通りです。

体の隅々まで張り巡らされている血管は、主に動脈と静脈より構成されている。
この論文では発生過程においてどのように動脈と静脈の特異性を獲得するのかを解明した。
胚発生に重要な役割を果たすNotchシグナルとbeta-cateninシグナルが協調的に働き、
動脈特異性を獲得することを明らかにした。


テーマ:再生医科学の研究生活 - ジャンル:学問・文化・芸術


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yamashitalab.blog78.fc2.com/tb.php/32-f710f60a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。