山下研究室 NEWS/YAMASHITA LAB NEWS
京都大学 iPS細胞研究所 増殖分化機構研究部門 幹細胞分化制御学 /Laboratory of Stem Cell Differentiation,Center for iPS Cell Research and Application (CiRA),Kyoto Japan


最新記事



プロフィール

山下 潤 研究室 JUN YAMASHITA

Author:山下 潤 研究室 JUN YAMASHITA
山下研究室へようこそ! Welcome to Yamashita Lab!

山下研究室では、ES細胞(胚性幹細胞:embryonic stem cells)及びiPS細胞(人工多能性幹細胞:Induced pluripotent stem cells)を用いて、心血管系の細胞分化・再生に関する研究を行っています。
 
このブログでは、山下研究室のさまざまな出来事を掲載しております。

オフィシャルサイトは⇒山下研究室



カテゴリ



月別アーカイブ



Gallery



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



藤原さんの論文がPLoS Oneにアクセプトされました。
藤原さんの論文がPLoS Oneにアクセプトされました。

Fujiwara M, Yan P, Otsuji TG, Narazaki G, Uosaki H, Fukushima H, Kuwahara K, Harada M, Matsuda H, Matsuoka S, Okita K, Takahashi K, Nakagawa M, Ikeda T, Sakata R, Mummery CL, Nakatsuji N, Yamanaka S, Nakao K, Yamashita JK*. Induction and enhancement of cardiac cell differentiation from mouse and human induced pluripotent stem cells with cyclosporin-A. PLoS One, 6: e16734, 2011

論文の内容は以下の通りです。
最近我々は、免疫抑制剤サイクロスポリンAがマウスES細胞からの心筋細胞及び心筋前駆細胞の分化を強力に促進することを見出していたが、同方法をiPS細胞に応用した。マウスiPS細胞からも同様に心筋系列の細胞が同様に誘導促進された。さらにMummeryらによるEND2細胞を用いたヒトES細胞心筋分化誘導法をヒトiPS細胞に応用し、ヒト心筋細胞の誘導に成功したが、サイクロスポリンAの投与によりその効率が数倍増加した。誘導された心筋は、心筋としての種々の機能的形態的特性を有しており、ヒト心筋細胞モデル作製技術の基盤が形成された。

テーマ:再生医科学の研究生活 - ジャンル:学問・文化・芸術