山下研究室 NEWS/YAMASHITA LAB NEWS
京都大学 iPS細胞研究所 増殖分化機構研究部門 幹細胞分化制御学 /Laboratory of Stem Cell Differentiation,Center for iPS Cell Research and Application (CiRA),Kyoto Japan


最新記事



プロフィール

山下 潤 研究室 JUN YAMASHITA

Author:山下 潤 研究室 JUN YAMASHITA
山下研究室へようこそ! Welcome to Yamashita Lab!

山下研究室では、ES細胞(胚性幹細胞:embryonic stem cells)及びiPS細胞(人工多能性幹細胞:Induced pluripotent stem cells)を用いて、心血管系の細胞分化・再生に関する研究を行っています。
 
このブログでは、山下研究室のさまざまな出来事を掲載しております。

オフィシャルサイトは⇒山下研究室



カテゴリ



月別アーカイブ



Gallery



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



山水さんが Young Investigator's Award (YIA) 最優秀賞を受賞しました。 日本循環器学会
山水さんが日本循環器学会 第34回(2016年度、81th学術集会)で、
Basic research部門のYoung Investigator's Award (YIA) 最優秀賞を受賞しました。

山水さんよりのコメントです。

本研究では、これまで有効なモデルのなかった血液脳関門のヒトモデルをiPS細胞から作製することに成功しました。血液脳関門は中枢神経薬の脳への低透過性に寄与しており、今後、本モデルを応用して創薬スクリーニング系を確立することで、より効率的な薬の開発に貢献できると考えられます。また、血液脳関門は脳血管病や神経変性疾患の発症にも関与していることから、本モデルはそれらの発症メカニズムの解明や創薬にも貢献できると期待されます。

さらなるご活躍を期待しています!

201703-2.jpg  201703-1.jpg



テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術


大学院生の皆川さんが第3回日本細胞外小胞学会で若手奨励賞受賞しました!
大学院生の皆川さんが 第3回日本細胞外小胞学会で若手奨励賞受賞しました!
2016年8月31〜9月2日に開催された、 第3回日本細胞外小胞学会(広島)においての受賞です。
エクソソームの細胞分化における新しい役割を明らかにしました。
エクソソームと細胞分化の新しい世界を切り拓いていって下さい。

20160902 minagawa

テーマ:iPS細胞研究と再生医科学の研究生活 - ジャンル:学問・文化・芸術


武田さんが、Poster Session Awardを受賞しました。
9月4~5日に福岡で開催された、第6回Molecular Cardiovascular Conference IIにおいて、
武田さんの研究発表が、Poster Session Award受賞しました。
新しい心臓再生治療応用につながる画期的新規細胞材料が得られたと考えられ、
今後の治療法開発が大いに期待されます。
武田さんの今後の益々の活躍と研究の発展がありますように。

20150905-1.jpg 20150905-2.jpg

20150905-3.jpg 20150905-4.jpg







テーマ:iPS細胞研究と再生医科学の研究生活 - ジャンル:学問・文化・芸術


OBの魚崎英毅が、第78回日本循環器学会学術集会にてYIAを受賞しました。
2014年3月21日から23日に東京で開催された第78回日本循環器学会学術集会にて、OB(現ジョンズホプキンス大学研究員)の魚崎さんが若手研究奨励賞(YIA)を受賞しました。
今回評価された研究は、
「Identification of chemicals inducing cardiomyocyte proliferation in developmental stage-specific manner with pluripotent stem cells」
というタイトルでCirculation: Cardiovascular Genetics誌に2013年に掲載されたものです。
山下研での仕事を、留学後にまとめたことによる成果です。
所属研究室が変わってから実験データをまとめて、論文投稿、追加実験などをすることは非常に苦労が伴うのですが、こうしてやり遂げ、今回YIAにも結びつきまして大変素晴らしいことです。
uo.png

テーマ:再生医科学の研究生活 - ジャンル:学問・文化・芸術


研究員の松永太一が、第34回日本炎症・再生医学会にて最優秀ポスター賞を受賞しました。
2013年7月2日から3日にかけて京都で開催された第34回日本炎症・再生医学会にて、研究員の松永さんが最優秀ポスター賞を受賞しました。

今回も150題以上のポスター演題が発表されたなかから、最優秀に選ばれました。当研究室からの本学会ポスター賞受賞は3年連続となります。

演題名:内皮細胞の分化制御機構におけるRSK4の役割
matsu.png