山下研究室 NEWS/YAMASHITA LAB NEWS
京都大学 iPS細胞研究所 増殖分化機構研究部門 幹細胞分化制御学 /Laboratory of Stem Cell Differentiation,Center for iPS Cell Research and Application (CiRA),Kyoto Japan


最新記事



プロフィール

山下 潤 研究室 JUN YAMASHITA

Author:山下 潤 研究室 JUN YAMASHITA
山下研究室へようこそ! Welcome to Yamashita Lab!

山下研究室では、ES細胞(胚性幹細胞:embryonic stem cells)及びiPS細胞(人工多能性幹細胞:Induced pluripotent stem cells)を用いて、心血管系の細胞分化・再生に関する研究を行っています。
 
このブログでは、山下研究室のさまざまな出来事を掲載しております。

オフィシャルサイトは⇒山下研究室



カテゴリ



月別アーカイブ



Gallery



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」の「そもそも総研」というコーナーで取り上げられました!
テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」の「そもそも総研」というコーナーで取り上げられ、本日午前9時17分よりの放送されました。(山下先生出演は9時27分ごろから)
「羽鳥慎一モーニングショー」の「そもそも総研」というコーナーは、各業界の専門家にインタビューを行い、話題のトピック を掘り下げて解説するというものです。

この放送内容は、5月に、京都の研究室まで取材に来ていただいたもので、
iPS細胞のがんや心臓病への臨床応用はどこまで進んでいるのだろうか?というテーマの中で、
山下先生は、心臓病の分野でのお話をされました。

心臓分野ではいろいろなアプローチはあるが、当研究室では、iPS細胞から心筋細胞を含む心臓組織に近い多層体を作製し、心臓の悪くなった部分にはりつけるというものを行っている。機能回復を期待できる程度については、動物実験では、実験条件にもよるけれども心筋梗塞以前の状態近くにまで戻るケースもあるとのことです。

臨床応用がどの程度まで進んでいるかということについては、動物実験への有効性は確認されていて、「人への1例目は大体2年後ぐらいにしたい」という山下先生のビデオの発言に、スタジオのゲストの方はかなり驚いておられました。

臨床応用が順調に進んで、一人でも早く、多く、助かる人がででくるといいですね!

テレビ朝日の公式ページは以下の通りです。↓

http://www.tv-asahi.co.jp/m-show/dailysegments/souken/20170615/11129



スポンサーサイト

テーマ:iPS細胞研究と再生医科学の研究生活 - ジャンル:学問・文化・芸術


共同研究をしている iHeart Japanさんと日刊工業新聞の取材を受けました。
共同研究をしている iHeart Japanさんと日刊工業新聞の取材を受けました。
現在は心臓移植という、特別な手段しかない患者さんが、
Heart Japanさんと一緒に開発研究している心臓の組織ができることによって、
たくさんの命が救えることになるといいですね。

20150708-1.jpg


2015年9月24日の日刊工業新聞に記事が掲載されました。
日刊工業新聞社「ビジネスライン」でも掲載されています。日刊工業新聞社「ビジネスライン」へのリンク↓
https://newswitch.jp/p/2135




テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。