山下研究室 NEWS/YAMASHITA LAB NEWS
京都大学 iPS細胞研究所 増殖分化機構研究部門 幹細胞分化制御学 /Laboratory of Stem Cell Differentiation,Center for iPS Cell Research and Application (CiRA),Kyoto Japan


最新記事



プロフィール

山下 潤 研究室 JUN YAMASHITA

Author:山下 潤 研究室 JUN YAMASHITA
山下研究室へようこそ! Welcome to Yamashita Lab!

山下研究室では、ES細胞(胚性幹細胞:embryonic stem cells)及びiPS細胞(人工多能性幹細胞:Induced pluripotent stem cells)を用いて、心血管系の細胞分化・再生に関する研究を行っています。
 
このブログでは、山下研究室のさまざまな出来事を掲載しております。

オフィシャルサイトは⇒山下研究室



カテゴリ



月別アーカイブ



Gallery



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


読売新聞 夕刊に掲載されました!【iPSで拡張心筋症治療...京大、臨床研究申請へ】
iPSで拡張心筋症治療...京大、臨床研究申請へという見出しで、読売新聞 夕刊に掲載されました。

他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った心臓組織を貼り付けて「拡張型心筋症」を治療する研究で、
来夏にも、患者に対して効果と安全性を確かめる臨床研究の実施を国に申請するとの内容です。

iPS細胞を心筋や血管など3種類の細胞に変えてシートに加工し、それを15枚重ねて厚さ1ミリ弱の心臓組織を作製しました。シートの間にゼラチンの微粒子で酸素などが通る隙間を作り、中間層の細胞が死なないように工夫したのが特徴です。

拡張型心筋症のハムスターを使った実験では心臓の細胞死や変質が減り、病気の進行が抑えられたのが確認されています。
臨床研究が認められれば、心臓移植が受けられない人にも有効な治療になると期待されます。

以下、WEB新聞でも掲載↓

読売新聞(YOMIURI ONLINE) iPSで拡張心筋症治療…京大、臨床研究申請へ 

医学新聞メディカルトリビューン Medical Tribune iPSで拡張心筋症治療...京大、臨床研究申請へ〔読売新聞〕

スポンサーサイト

松尾さんの論文が受理・公表されました。「簡便に心臓組織シートを多数積層化する新技術」
心臓への細胞移植治療では、「移植細胞の長期生存が難しい」というのが世界的な問題でした。細胞シートの移植でも、心臓では1-2ヶ月でほとんどの細胞が消失してしまいます。移植細胞量を増やすためシートを積層化しようとしても、4枚以上積み重ねると内部が低酸素などにより壊死し始めてしまい、積層化にも限界がありました。
 今回我々は、この限界を乗り越える簡便で優れた方法を開発しました。ゼラチンハイドロゲル微粒子(GHM)(京都大学再生医科学研究所田畑先生との共同研究)をシートの間に挿み込みながら積層化することにより、多数のシートを簡便に、壊死しないで積層化できること(現在15枚)を示しました。心筋や血管の細胞を含む心臓組織シートをマウスES細胞を用いて作製し、GHMを使って5枚積層化してラット心筋梗塞モデルへ移植したところ(京都大学心臓外科学との共同研究)、移植後3ヶ月の時点でも、内部に機能的な血管をともなった移植心臓組織が、従来よりも圧倒的に効率よく残存していました。心臓移植を必要とする重症心不全のように、再生心筋による真の心臓再生が必要な状況においても効果を発揮しうる新しい治療法となることが期待されます。
 現在ヒトiPS細胞からも同様の構造を作製し、モデルラットへの移植実験を行っています。今後さらに大型の動物を用いて有効性・安全性を検証し、できる限り早く人への応用を実現したいと思います。またこの方法をより多くの人が使える様に積層化心臓組織シートの製品化も進めています(iHeart Japan株式会社)。iPS細胞の実用化が実現され、1人でも多くの方が新しい治療の恩恵を被ることができるように努力していきたいと思います。ご支援ご協力よろしくお願い申し上げます。(文責:山下)

山下先生が松尾さんの論文について記者発表を行いました。
京都大学再生医科学研究所の田畑先生、心臓外科学の南方先生、CiRA特命助教でもある升本さんも一緒です。
内容は「心臓組織シート」多層化で長期間機能したというものです。

たくさんの記者さんが集まってくれました。以下、記者発表の様子です。

20151119-3.jpg     20151119-1.jpg    20151119-5.jpg

カメラマンさん、かっこいいですね。 たくさんの記者さんが来てくださいました。心臓病治療に対する期待が伺えます。
  
20151119-2.jpg 

協力して仕事を成し遂げた先生方。(時間が合わずにこの場に出席されていない先生方もおられます。)

 20151119-4.jpg

記者発表が終わった後。個々の質問や名刺交換で、山下先生、大人気です。


以下、論文の発表に合わせて、メディアにその後、掲載されたものです。

山下先生も升本さんもかっこよくばっちり映ってます↓

テレビ

心臓組織シート 工夫で効果
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20151121/3674831.html
11月21日 07時54分 NHK NEWS WEB


新聞

ES細胞:京大「心臓組織シート」多層化で長期間機能
http://mainichi.jp/select/news/20151121k0000m040184000c.html
2015年11月21日 毎日新聞

生きた心臓シートを厚く積層 京大、心不全治療の治験目指す
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20H8I_R21C15A1CR0000/
2015年11月21日 日本経済新聞

心不全治療に光明 ES細胞心筋シート、定着しやすく 京大チームが開発
http://www.sankei.com/west/news/151121/wst1511210025-n1.html
2015年11月21日 産経WEST


テーマ:iPS細胞研究と再生医科学の研究生活 - ジャンル:学問・文化・芸術


BS朝日「鳥越俊太郎 医療の現場!」の取材がありました。
BS朝日「鳥越俊太郎 医療の現場!」の取材がありました。
iPSから作った心筋細胞を顕微鏡で初めてみたかもしれない、取材のスタッフのみなさま。
いかがですか?動く細胞というのは??

山下先生、テレビでかっこよく映るかな?

放送は、5月30日(土) 15:30-16:00(午後)
      
再放送は6月5日(金)  5:25-5:55 (朝)

以下、BS朝日医療の現場からよりの抜粋です ↓

鳥越俊太郎 医療の現場! 高齢社会、少子化、地域の医師不足、かかりつけ医の重要 性など、21世紀の医療問題をテーマに、著名な医師にズバリインタビュー! さまざまな 医療問題の核心にゲンバ目線で迫るのが、この番組です。
http://www.bs-asahi.co.jp/genba/


20150512-1.jpg 20150512-3.jpg
20150512-2.jpg



※ 写真の掲載の許可をいただいています。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術


iPS細胞研究所 2期棟 が竣工し、引っ越しをしました!
iPS細胞研究所 2期棟 が竣工し、山下研究室が、引っ越しをしました!
2期棟5階に藤渕研究室と同居です。

IMGP5806-2.jpg  IMGP5807-3.jpg
20150608-1.jpg  20150608.jpg

ちなみに
PS細胞研究所 3期棟 も建設中です。↓

20150529 3ki-1







テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術


第38回京都大学品川セミナーにて山下先生が講演をし、読売新聞に掲載されました。
2013年7月5日に行われた京都大学品川セミナーにて、山下先生が講演を行いました。
講演タイトルは「多能性幹細胞を用いて多面的に心臓再生に挑戦する」です。

この様子は読売新聞に掲載されました。
掲載内容ついては、「メディア紹介」のページでご確認いただけます。
ぜひ、ご一読ください。
記事のpdfファイルはこちらからも開けます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。